2012年07月18日

帆立貝ひもの 甘辛煮

帆立貝ひもの 甘辛煮

料理好きな方と我が社員の為に遺して置きたいレシピ集
DSC06932.JPG
主のレシピにはよく適当にと書きますが計量カップとか大さじ・小さじ分量その時々で
(気候・好み・体調)変わりますのであえて書きません。
作り方の流れ手順(無駄な動き無くす)を
参考にしてほしいのです。 作り終えてたら道具は片されていた。
茶の湯、動線の流れに無駄なしぐさは有りません。
日本の誇れるわび・さびも料理に一理あるのです。
食品の衛生三原則(清潔・迅速・温度管理)《冷却・過熱》

帆立貝ひもの 甘辛煮 スーパーで良く見かける安くて旨い帆立貝ひも(250g)です
ジャガイモと煮付けると更によし、かき揚げも捨て難い!
下処理は貝ひもを湯洗いして置く、
割下(醤油3 味醂1 酒0.5 ザラメか砂糖1.5 七味少々)
手鍋に貝ひもを入れ割下をひたひたからかぶるぐらいの量。
沸騰するまでは強火、落とし蓋し30〜45分位弱火で
煮詰めれば良し
■ひたひたの水
鍋の中に材料を平らに入れたとき、
材料の頭が少しだけ水面からでるくらいの量。
■かぶるくらいの水
鍋の中に材料を平らに入れたとき、
材料の頭が水面から出ないくらいの量。
■たっぷりの水
ほうれん草などの葉ものやめん類を泳がせることができる
くらいの量。                       


キーワード
レシピ レシピグルメ レシピ料理 レシピサイト レシピソフト レシピノート レシピブック
レシピブログ レシピ作成 レシピ健康ダイエット レシピ本 レシピ本料理 鷄鴨レシピ集
posted by DouhouKaburaya at 00:45 | 長野 ☁ | グルメレシピ 長野県上田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする