2014年02月03日

節分「鬼は外、福は内」 恵方巻 受験シーズンもいよいよ本格化。

2014年(平成26年)今年の恵方おおよそ東北東(東微北)正確には
甲ですか!
節分に食べると縁起が良いとされる「恵方巻」恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、
巻ずしを丸かぶりで家へ「福」を呼び込んでみるか?

豆まきと合わせ、「鬼は外、福は内」   家内安全 健康祈願!合格祈願!商売繁盛! 
さて、磁石はどこだ!無い!!  そんな時簡単に方位を調べるサイトがあります。
http://senrioka-info.net/0_s-info/ehou.htm 
http://h200.com/houi/
これは、ええの〜オ

北向山節分会が100周年を迎えます。
北向観音節分会


わしゃここでお参りするわ
八幡神社縁起
祭神: 応神天皇、神巧皇后、仲哀天皇、玉依姫命
八幡神社:皇祖神や武神(弓矢神) 出世開運、武運長久 

品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
総本社:石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、

京都府八幡市にある神社。旧称は男山八幡宮


勧請の年月日は不詳であるが、真田安房守昌幸が天正12年(西暦1584年)

上田城築城にあたり鎮護のために、東御市の八幡神社(現:滋野神社)を
現在の地へ移したと伝えられている。

真田氏のあと、上田藩主となった仙石氏・松平氏の崇敬篤く、藩主自らの参拝、
社殿の修築再建などは藩の費用で行われた。


松平氏のころ、弓矢の神と崇めて、毎年正月三日の射初式のとき金小的に当てた者は、

十四日の宵祭りと翌十五日未明のその的と矢を奉納することを例として幕末まで続けられていた。

なお、旱魃の年には、大星神社、大宮神社と当八幡神社の三社合同で雨乞い祈願を行った。

最近発見された白鷹・黒鷹の大絵馬は上田藩主仙石政明の献上になる

上田市の文化財で東信地方で最大である。その他絵馬三つ、狛犬、棟札なども文化財である。

hatimannzinnzya1.jpg






勉強の集中力を高める、脳波『α波』を誘導するBGM(音楽)です。





本日もお読みくださり有り難うございます(=^0^=)
また遊びに来てください!
明日も良い一日でありますよう…。


鶏が集まる処に、噂のかぶらやあり!
お近くへお越しの際にはぜひ一度お気軽にお立ち寄り下さい。
「ひと時の癒し」をお膳立て致します。

趣をそえ、心づくしのおもてなし、満足をお土産に…女将鶏鴨料理、美食細工、かぶらや


今にも消えそうな料理屋です。 スタッフに希望の光を

くださりませ 励ましのひと押しを! _(._.)_



ブログランキング にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 上田情報へ   
 PVランキング 


続く…。

posted by DouhouKaburaya at 07:00 | 長野 ☀ | 信州上田歳時記 春・夏・秋・冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする